公式サイト  会員規約  演奏・講演依頼

 

全盲のヴァイオリニスト(作曲家、講演家)
穴澤雄介のオフィシャルファンクラブサイト



  1.   ホーム
  2. 穴澤雄介年表  生誕~幼稚園時代

穴澤雄介年表


生誕~幼稚園時代

小学校時代

中学校時代

高等部時代

音楽家時代~1~

音楽家時代~2~

メディア・コンクール

穴澤雄介(あなざわ ゆうすけ)プロフィール

[ヴァイオリン奏者、ヴィオラ奏者、作曲家、講演家]

心臓と目に障害を持って生まれ、高校時代にほぼ視力を失う。

筑波大学附属盲学 校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科を卒業。

障害者向け職業訓練施設で学ぶか たわら音楽活動を続け、
ボランティアで幼稚園、高齢者施設、病院等で演奏を披 露しながら
演奏家、作曲家としての技量を磨き、
24歳のときにファーストアル バム、『Sincerly Yours』をリリース。

その後もおよそ1年に1枚のペースで新 作の発表を続け、
現在までに17枚のCDをリリース。
その間、NHKラジオの番 組テーマ曲に『ようこそ楽登(がくと)王国へ』、
『いちご畑と青い空』が採用 された.。
他、TBSラジオ、北日本放送、FM大阪等の番組でも自作の曲が採用さ れ、
その活動はテレビ東京のドキュメンタリー番組『生きるを伝える』でも紹介 される。

「過去は変えられる、マイナスをプラスに」をテーマに、逆境を反転させる心構え、
行動について語る講演は、学校や企業からの依頼も多数。

2014年には初 の著作、『見えなくなったら希望が見えた』(KADOKAWA)を出版。

毎日新聞社発 行の点字新聞『点字毎日』で「幅広おすすめCDレポ」を連載中。
現在、年間150本以上のライブ演奏、30回以上の講演を全国各地で展開。

穴澤雄介年表(2014年現在)

文・穴澤雄介

☆プロフィール以上、自伝未満(?)。

私穴澤雄介が、大まかにどんな人生を歩 んできたのかをご覧いただければと存じます。

これだけを見ていると、「超悲惨 な人生」と解釈する方も、きっとおいででしょうね。

でも私、今となっては、「 本当にこれでよかった」と感じているのです。

そう、「もし生まれ変わったとし ても同じ人生を歩みたい」と、心から思えるくらいに…。

生誕から幼稚園時代

◆1975年◆

1975年3月29日、穴澤雄介君という男の子(つまり私)が誕生しました。

なんともぎりぎり感あふれる誕生日ですよね。 ぜひ、「みにくい穴澤」と覚えてくださいませ。

ちなみに父は、私が生まれてくるまで、「女の子だろう」と勝 手に決めつけておりましてね。私、なんと穴澤春菜ちゃんになる予定だったそう です。

心臓と眼に障害を持って生まれてきた私…。

でも、眼の障害は子供の頃は 大したことがなくてですね。

小学5年生の途中までは、確か視力も0,8くらい ございましたから、さほど苦にしていませんでした。

けれども問題は心臓のほう でございましてね。

なんでも紫色の顔をして生まれてきたそうで、即入院という ことになってしまいました。

入院に際して必要なのは名前…。「息子さんのお名 前は?」と聞かれた父は、慌てて男の子の名前を考え、そして雄介という名がつ いたそうです。

私は2歳くらい(?)までは、ほとんど入院をしていたようです 。

その後も短期入院や通院は、頻繁にございました。

◆1980年◆

ヴァイオリンという楽器を初めて手にしました。

きっかけは、あまりよく覚え ていないのですが、幼稚園の頃の仲良しの友達と一緒に習い始めましたから

おそらくお互いの親同士で、「一緒に通わせてみましょうよ」なんて話になったの ではないでしょうかね。

名のある先生についたわけでもありませんし、練習も大 嫌いでしたし

不器用なくせに我が強くて先生の言うこともあまり聞かず、本当 に素質0でしたね。

つづき(小学校時代へ)


穴澤雄介オフィシャル・ファンクラブは、有限会社フジヤマコムが運営管理する、穴澤雄介の活動を支持して下さる方々による唯一のオフィシャル・ファンクラブです。